11月21日(土) 国庫状況

<支出>
核               31M(19日)
                 37M(20日)
                 31M(21日)

配布用レーダー2セット   10M

夜聖戦LA報酬        10M(aizamさん)


<収入>
TM               7M(19日)
                 12M(20日)
                 13M(21日)

エランPB国庫寄付      15M  +  500Gold
野獣追放PB国庫寄付    56M


下界PB国庫寄付

RMZさん       2456Gold



手持ち           1441Mcp      349,595Gold
ギルド            847Mcp      200,000Gold


手持ち  +  ギルド  =  2288Mcp


寄付ありがとうございます^^
国庫も減らず、順調に増えてます♪


<聖戦に持っていくもの~近接編~>

おいらは、立ち回りがうまいほうじゃないので、エラソーなことは言えませんが

近接職の人には
聖戦で、欲を言えば常時携帯しててほしいものがコレです!  

画像


画像


画像


画像


Lv1グレネと、グレネ弾3点です@@b

各々説明しますと・・・

おいら説明へたっぴなので、今は休止中の団十郎sのブログから引っ張ってきました^∀^;



~団十郎sのグレネ講座@w@~

このグレネは職種関係なくアクレシアキャラ全員使えます。最近皆さん持ち歩いている方がどんどん増えていますが、まだまだ実際に使っている人は少ないです。スピン受けて歩いている人が居るのに素通りしていく人ちょくちょく見かけます。



いかんぜ!兄弟歩いてる人見つけたらキュアうって癒してあげようぜ!お互いを思いやる気持ちが、新しい恋に!!ってちが。。。。戦いを有利にします。硬い近接さんはとくにどんどんうってあげましょう!!そのうちラリっておかしなことしゃべりだします!!って、それじゃ薬やんね。。。。。



砂漠戦や、聖戦見てて思うのがやはり叩き優先になってしまってること。ストさんは仕方ないとして動ける近接さんは叩くよりショックや、アシッドでストが倒しやすい状況をまず作ったほうが早く殲滅できると思うのです。



そんなグレネもっておきたい弾一覧はこれ!!

画像

(↑この画像だけは、おいらの自作^^;w)


左から、アシッド(対象の防御力低下)、キュア(デバフ解除)、ショック(一番新しい強化フォース解除)



近接でもこの3つは持ち歩きたいです。



あくまで自分の場合なので別の人は違うというかもしれませんが、どのように使ってるかを説明します。



 まずストさん探します。その前に居る適当な杖職に狙いをつけます。そして、ショックを3発前後打ちます。すると他種族の服をきれいに脱がせて素っ裸にできます。ってうそです。。。。最後に掛かった強化フォースを消します。一個しかけせないので3発くらいうつわけですね。その3発のなかにインクリ(足が速くなるフォース)、フォーリーシールド(防御力を上げるフォース)などがあれば一気に弱体化っせれるんですね。ストも狙いつけやすい。



 ショックを3発くらいうったら次にアシッド打ちます。これは相手の防御力下げる弾ですね。アシッドうったらやっと両手武器に変えて一緒に叩きます。一人で叩くより、こうやってストさんの力生かせるようにした方がアクには有利だと思うのです。



団十郎sありがとうございました^∀^



途中画像いれましたが、ショートカットにグレネと弾3点を入れておくと
アタフタ@w@;しないで、すぐ使えると思います。

ショートカット一杯のひとも、4か所なんとかあけてグレネ類をいれてください><;


そして

画像

                    

インベントリの左上のランチ弾系統のところは、グレネを左側にしとくともっとすばやくできますよ^^



以上、グレネ講座でした^^




<夜中の迷惑電話@w@;>
画像


途中卑猥な表現がありますが、気にせずどうぞ・・



陸たんは、この歌きいてなかったんだね;;
陸たんが、うらやましいですww


WISしてくださるのは、嬉しいのですが
会話の一方通行は寂しいですよ>Д<;

この記事へのコメント

アキュモキュ
2009年11月22日 04:18
キュアショック出来るようにがんばります;;

迷惑電話・・・コフーさんおもろいwwww

HANDYCUM
2009年11月24日 19:17
>アキュモキュs
本人に確認とらないで載せたけど、
まぁいっか^∀^

最近他種とのおしゃべりが多いデスww

この記事へのトラックバック